Just In Time

アクセスカウンタ

zoom RSS メニエール病?

<<   作成日時 : 2009/05/25 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

連休明けの5月7日(木)に光ヶ丘病院の耳鼻科に行った。
3年ぶりなので2100円の初診料を加算された。 
2時間くらい待っていると名前が呼ばれ、まず「聴力検査」。
それからしばらくして医師の診療となった。耳の中を診るでもなく、「聴力検査表」を見せて『低音』が難聴度が高いので『メニエール病』だと思う、との診断。

私「でも、めまいはしませんけど・・」
医師「めまいのしないメニエールもあります。」
と言って「内耳の図解」で「通常の内リンパ」とメニエール病の原因である「内リンパ水腫(水ぶくれ状態」を示した。 聴力検査から、こんなことまでわかるのだ。

私「3年前になったのも「突発性難聴」ではなかったのでしょうか?」
医師「通常『突難』は一回しか起こらないと言われています。最初に起きた時は医師にも「突難』か『メニエール病』か見分けはつきません。」
治療法としては、ステロイド剤ではなく、「グリセオール点滴」で利尿を促進させて、「内リンパ」を改善させるということで、私は恐怖のブレドニン(ステロイド)を投与されずに済んで内心ほっとした。

病院の救急センターで椅子に座ってテーブルの上で点滴を1時間ほどしてもらったが、周りに救急車で運ばれた人が多くて落ち着かなかった。

翌日にまた耳鼻科に行くと、昨日の医師は臨時だったそうで、担当の医師に「今日の聴力検査でだいぶ聴力が改善されていることがわかりました。やはり、メニエール病ですね。もう一回グリセオール点滴をしましょう。」と言われ、また救急センターに。
(いやだな〜。看護師さんが腕のいろいろ所の血管に注射器を入れるので傷だらけ!)

予約の5月11日(月)にもう一度耳鼻科へ。 かなり良くなっているので点滴はもうしなくてもよいと思うが、念のためもう一回グリセオール点滴をしてもらう。

と、ところが、翌12日の火曜日から・・・また!

(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メニエール病? Just In Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる